中央環境総設株式会社は、光触媒・配管工事・水周りの工事を行なっております。 お知らせ
 

ホーム 営業種目
営業品目
商品案内
商品案内
会社概要 求人案内 お問合せ
TOP>> 営業種目>> 環境事業部・光触媒事業>> ティオスカイコート効果>>>







画像クリック拡大↓
  

コーティング面に排ガス中の油分等の汚れの原因となる物質が付着すると、 太陽光を吸収して活性化している二酸化チタンが即座に分解・無害化し、雨水や風などで除去されます。
この作用の繰り返しできれいな状態が保たれる、
セルフクリーニング効果






写真3は、光触媒の施工面も汚れていますが、その後の降雨によるセルフクリーニング効果によって、汚れは洗い流されています。(写真4)






ティオスカイコート塗布面(左)と
非塗布面(右)
塗布後のハガレ試験
於:covertex社
テフロン加工のテントへの
施工風景




超親水性光触媒のセルフクリーニング機能は、マンションやビルの外装用タイル、車の排気ガスで汚れやすい道路標識、車のボディなど、さまざまな分野への応用が考えられます。
とりわけ、高速道路の道路標識や高層ビルの壁面など、人が作業するには危険なところに応用され、メンテナンスフリーなうえ、事故もなくなれば、すばらしい応用例になると期待されています。

酸化チタンにふれた水は、チタン膜との接触角度が10度以下になり、水滴にならずに表面に広がります。
外壁の汚れの下に水が入り込み汚れを洗い流します。
水が均一に広がる為、水の蒸発(乾燥)が非常に早くなります。








毒性のない酸化チタンのみで抗菌作用を持ち、様々な菌(大腸菌・サルモネラ菌・MRSA等)の殺菌だけは安心できない(死骸にも毒性を持つO157大腸菌ベロ毒素等)まで分解し、完全にクリーンな状態まで戻すことが可能です。これにより集団感染を未然に防ぐのにも有効です。
大腸菌
 
0 時間
24 時間
ティオスカイコート
検出せず
対 照
MRSA
 
0 時間
24 時間
ティオスカイコート
検出せず
対 照
緑膿菌
 
0 時間
24 時間
ティオスカイコート
検出せず
対 照
サルモネラ
 
0 時間
24 時間
ティオスカイコート
検出せず
対 照
黄色ブドウ球菌
 
0 時間
24 時間
ティオスカイコート
検出せず
対 照




▼抗菌性能評価試験の経過(大腸菌)
ガラス基盤に2回塗布▼

於:日本食品分析センター
塗装基盤:ポリエチレンフィルム
注)MRSAとは黄色ブドウ球菌の中で特に抗生物質が効かないものを指します。



厚生省指定のある検査機関の調査により、光触媒を使った抗菌タオルと無処理タオルで緑膿菌の繁殖状況を調べたところ、無処理タオルでは65万個の緑膿菌を接種して、10時間経った段階で66万個に増えたが(左のトレイ)、光触媒を使った抗菌タオルでは、同様に65万個の緑膿菌を接種したにもかかわらず、10時間後にいは緑膿菌を検出できなかった(右のトレイ)という報告もあります。










生活臭・タバコ臭・ペット臭・生ゴミ・トイレのアンモニア臭等の生活環境中での嫌なニオイを分解します。
室内コーティングやコーティングフィルター内を通すことにより、快適空間が保てます。
病院・医療独特の医薬臭も分解消臭します。ニオイの吸着するのではなく、ニオイの元となる原因菌や物質を分解するので、室内環境をより自然な状態に保ちます。


・日中は早い減少率 ・夜間は減少率が下がる


















ニオイの吸着するのではなく、ニオイの元となる原因菌や物質を分解するので、
室内環境をより自然な状態に保ちます。










繊維への付着性  
繊維での分解データ
消臭試験
( 財 )日本染色検査協会
測定時間 NH3 40ppm
空試験 2時間後 29.8
24時間後 19.4
1:綿100%
前処理なし
2時間後 2.2
24時間後 1.0 >
2:綿100%
10回洗濯
2時間後 3.8
24時間後 1.0





環境を脅かす化学物質ダイオキシンやシックハウス症候群の原因とされるホルムアルデヒト等の有毒ガス、自動車から排出されるガス等、自然環境や人体へ悪影響を及ぼす物質、光というクリーンなエネルギーだけで分解・無害化し、周辺大気浄化の効果が期待できます。




シックハウス症候群の原因、ホルムアルデヒドなどの
有害物質を分子レベルで分解し、室内の空気をクリーンに保ちます。





酸化分解することによって、水再蘇生までも起こすという環境にやさしい自然浄化作用です。
ティオスカイコートは接着剤や酸化チタン以外の金属を一切含まないため、水産加工場や養殖水槽、 水耕栽培でも安心してご利用いただけます。







【施工前】 数ヶ月ごとにスタッフ総出で丸一日かけてタワシでこすって清掃していました。
【施工後】 水槽にほとんど汚れがつかないため、清掃間隔を長くとれるようになり、清掃自体も
ぞうきんや水切りでかるくこするだけで汚れを除去できます。
藻を除去するための薬品や洗剤を使用しないで済みます









解説:陸上フグ養殖場(海水は掛け流しではなく循環方式・5t水槽)での水質試験結果です。
この養殖場には浄化装置が整備されていますが、実験前のCOD値は3.1mg/l (単位の読み方:ミリグラム・パー・リットル)です。これが43日目には1.3mg/l にまで改善されています。CODとは化学的酸素要求量のことで、水の汚れ具合をあらわす指標の1つです。
また、NH4-N(アンモニウム態窒素:水中のアンモニア)が減少するに従い、NO3-N(硝酸態窒素)が増加しています。硝酸態窒素は、アンモニウム態窒素が亜硝酸態窒素を経て発生したものと考えられます。
魚は自ら発生させたアンモニアによって弱っていきます。
この実験結果は、常時発生し続けているアンモニアを、ティオロックが分解し続けている可能性を示しています。




解説:上記と同じ陸上フグ養殖場での水質試験結果です。
23日目に一般細菌が増加しているのは、網を入れて長時間作業をおこなったことによる、落下細菌だと考えられます。

※陸上養殖場ですので、常時、魚の入れ替えなどの作業がおこなわれています。理論値や実験室での数値とは異なる場合がありますことをご理解ください。

測定日 一般細菌
(個/ml)
大腸菌群
(個/100ml)
1日目 30以下 2以下
11日目 30以下 2以下
23日目 1300 2以下
43日目 30以下 2以下












SITPAマークは、光触媒製品技術協議会の「品質と安全性に関する自主規格」と「光触媒製品ガイドライン」に沿って品質管理された製品に表示されるマークであり、情報公開されています。



 〒512-0911 三重県四日市市生桑町486
 TEL 059-330-6265(代) FAX 059-330-6268
 E-mail info@cks-web.co.jp
ご利用にあたり サイトマップ プライバシーポリシー 事業内容 商品情報 会社概要 採用について お問い合わせ