中央環境総設株式会社は、光触媒・配管工事・水周りの工事を行なっております。 お知らせ
 

ホーム 営業種目
営業品目
商品案内
商品案内
会社概要 求人案内 お問い合せ
TOP>> 営業種目>> 環境事業部・光触媒事業>> 光触媒について>>>








そもそも、光触媒のしくみとは植物の行う光合成によく似ております。
光合成ては葉緑素を【触媒】に、光エネルギーを使って、水と二酸化炭素から酸素を作り出します。光触媒の場合は、酸化チタンなどの光触媒半導体金属を【触媒】に、光エネルギー(紫外線)を使って、空気中の水と酸素から活性酸素を作りだします。日本発の技術として環境分野でも注目されております。



酸化チタンに太陽光や蛍光灯等に含まれる紫外線が照射されると、酸化チタン内部で正孔(h+)と電子(e-)の分離(励起状態)が生じます。
この正孔(h+)と電子(e-)はそれぞれ酸化力、還元力を持ち、酸化チタン表面に接触する物質と化学反応(酸化還元反応)を起こします。
一般に大気中の水(H2O)や酸素(O2)と反応を起こすと、さらに強力な分解力を持つ物質を酸化チタン表面に生成するとも言われています
光触媒とは、これらの化学反応によって生じる分解力を用いて、有害な物質を分解・除去・無害化する新技術です。
画像クリックで拡大
※光触媒そのもの自体は触媒反応の前後で変化しませんが、
  光(紫外線)を吸収することにより反応を促進する物質です。





光触媒に光が当たると、マイナスの電子が飛び出し、プラスの電荷を帯びます。
この時光触媒は強い酸化力をもち、OH-などから電子を奪います。このとき、電子を奪われたOH−は非常に不安定な状態のOHラジカルになります。
OHラジカルは強力な酸化力を持つため、近くのCHCL3などから電子を奪います。電子を奪われたCHCL3は結合を解かれ、最終的には二酸化炭素や水なり大気中に発散していきます。
光触媒とは、酸化チタンなどの光触媒半導体を外壁などの基盤にコーティングし、太陽光や蛍光灯などの紫外線を当てることで、強力な分解力を持つ活性酸素種を発生させ、空気中の汚れやニオイなどを除去する技術です。酸化チタンに紫外線が当たると、電子と正孔が発生し、電子が酸素をスーパーオキサイドアニオン(O2-)に、正孔が水をヒドロシキラジカル(・OH)という活性酸素に変えます。
この強力な酸化力を持つ活性酸素により、有機化合物が二酸化炭素と水に分解され、防汚、抗菌、脱臭などの効果を発揮します。



活性酸素の中でも反応性が高いヒドロキシラジカルの酸化力は、塩素の約2倍、オキシドールの約50倍と非常に強く、有機化合物や細菌などに強力に作用します。
C : 炭素 H : 水素
CO2 : 二酸化炭素 H2O : 水
N : 窒素 NH3:アンモニア







酸化チタンが触媒となって太陽または蛍光灯等から照射される光り(紫外線)エネルギーを吸収・利用し起こる反応(抗菌・脱臭)=光エネルギーが不可欠=この反応は物質を分解してしまう現象です。例えば、有機物は二酸化炭素と水に分解されます。これは光合成反応の逆で燃焼反応に相当します。しかし、光触媒反応では通常の燃焼反応とは全く異なり、燃焼反応ではいったん火がつくと物質がなくなるまで反応は続きますが光触媒反応では、光があたるとき(照射される光の量の分)に光の量だけ反応が起こります。


親水化とは、ガラスなどの材料表面に水がよくなじむ現象です。多くの材料では、水を落とすと水滴がつきます。ところが、酸化チタンをコーティングした材料は紫外線をあてた(照射した)後では、その材料表面では水は水滴にならずに、ほぼ完全に拡散し広がってしまいます。
この現象は光触媒のもう一つの反応で、光親水化反応といいます。酸化チタンをコーティングした材料では、水がかかると汚れが簡単に洗い流されてしまったり、水滴が全くつかなくなる反応を利用して、人手をかけずに汚れを防ぐ防汚染効果(セルフクリーニング)が発揮されます。
[処理前]
[処理後]



光触媒塗料は、防汚・脱臭・抗菌の優れた複合効果と環境に優しい安全性、さらに取り扱い面での簡便性やメンテナンスの省力化効果によって、既に私たちの生活環境のあらゆる場面で幅広く利用されてはじめてます。
旅館・ホテル・保養所をはじめ、マンション・戸建・給食センター・厨房・駅ビル・地下鉄・事務所ビル・商業ビル・医療施設・老人ホーム・デパート・工場・看板・標識・公共施設・鉄道・自動車・空港ターミナルなど、墓石にまで利用されています。



酸化チタンとは、光触媒反応を行う金属として使用されており、
人体に全く無害の金属・セラミックスで、白色顔料・歯磨き粉・クレオン・磁器原料・食品添加物などに幅広く利用されている安全な物質原料です。
この酸化チタンは、太陽光や蛍光灯の紫外線が当たることにより、活性酸素などを発生し、強い酸化分解作用(光触媒作用)を発揮する優れた機能を有しています。 汚れや細菌・悪臭などが酸化されて分解し、最終的には二酸化炭素や水になります。 また親水性も高く、水滴の付着防止やくもり止め効果もあります。
光触媒酸化チタンが最も注目されている点は、化学的に安定し環境に無害であることと、クリーンな太陽光エネルギーや屋内の蛍光灯の光でランニングコストをかけることなく、常に安定した抗菌・脱臭が可能などセルフクリーニングを継続的に利用できる点にあります。
白色顔料として利用(化粧品・歯磨き粉)
1950年代〜
他の金属に比べて密度が小さい
常温では極めて安定な物質
紫外線を吸収し光触媒作用を示す半導体金属
1960年代〜
用途 着色料
特徴 白色の粉末でにおいも味もない。強熱すると黄色となるが、冷えると白色に戻る。比重3.7〜3.9水、塩酸、希硫酸、エタノールその他の溶剤に不溶。フッ化水素酸及び熱濃硫酸に緩徐にとける。
効果 不透明化剤、乳白色剤
主に使用される食品 ホワイトチョコレート、ホワイトチーズ、砂糖がけ菓子
使用基準 食用赤色2号に同じ。着色の目的に限る。
毒性 全く無害
代謝 二酸化チタンを数%含む飼料をラットに投与しても、消化管からのチタンの吸収は認められない。
急性毒素はラットのLDsoが12,000mg/kg以上である。
表示 用途名「着色料」「合成着色料」と物質名を併記する。
(例)着色料(酸化チタン)
簡略名:酸化チタン











SITPAマークは、光触媒製品技術協議会の「品質と安全性に関する自主規格」と「光触媒製品ガイドライン」に沿って品質管理された製品に表示されるマークであり、情報公開されています。



 〒512-0911 三重県四日市市生桑町486
 TEL 059-330-6265(代) FAX 059-330-6268
 E-mail info@cks-web.co.jp
ご利用にあたり サイトマップ プライバシーポリシー 事業内容 商品情報 会社概要 採用について お問い合わせ